So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今年もこの時期人間ドック

近年、健康保険からの呼び出しに沿って、人間ドックを
この時期、愛知県で受けています。
昨日がその日でした。
今年は、家内も同じ日に受けるということで、彼女の運転で
岡崎市の家の近くの保健センターへ行ってきました。
各種検査がそれぞれに効率化され、10項目ほどの検査が
計1時間半ほどで完了します。
そのうちの30分は「胃カメラ」ですから、待たされ感はほとんど
ありません。
ベルトコンベアの上にある部品もかくやという気持ちです。
去年と同じく、「胃カメラ」の結果だけはその場で教えてもらえます。
今年も特に異常なし・・・この齢にしてはありがたい結果に、
誰や何にともなく感謝の気持ちが湧いてきます。
家内も同じ結果だったようで、何となく心地よい顔つきです。
いつまで続くかですが、二人取りあえず安堵しながら、
センターの食堂で提供される昼食を噛みしめました。

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寒さまだまだ続く中

もう1月も半ば。
あまりの寒さに、買い物に出るのも億劫で。
今日の夕飯は近所のラーメン屋「天下一」で
過ごすことに決めました。(反対する人はおりません)
新発見!琵琶湖に面したカウンター風の一角に座ると
三上山(近江富士)の全景がスッポリ見えることに
気がつきました。
わが家の座敷からは、わずか100Mも行かないのに
昔見た近江富士がそのまま頂上から足元まできれいに見えるんですねえ。
当然昔は我が家の座敷から座ったままでこのように見ることが出来たのですが。
今は、茶室の一角から、対岸のイオン越しに僅かにテッペンの辺が見えるだけ。
しかももう少し北に目を移すと、「比良の暮雪」夕日に映えてます。
「近景に浮き寝鳥、遠景に比良の雪」、目の前に盃あり・・・これを眼福と
云わずして何?
世の中寒いのもたまにはエエなあ。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世の中3連休ですが

依然空は晴れず、ときに冷たいものが降ってきます。
寒さと鬱陶しさであまり何もする気にならず・・
我々の頃は15日と決まっていた「成人の日」・・それなりの
季節感はさらに強かったような気がします。
昭和38年でしたね・・(大学1回生だったから間違いないでしょう)
滋賀会館という、当時としては、そして大津という地方都市と
しては、大きすぎる、洋画の封切もある結構「立派な」場所
(しばらく前に「老朽化」ということで取り壊されましたね)
へ、竹馬の友N君(彼もこの世にもういない)と一緒に
行きました。
ボニージャックス(彼らももう引退だそう)が売り出しかけた頃で、
ダークダックスではないんだと思いながらそのハーモニーを
意外とええなと聞いたり、京大総長の平沢氏の講演を聴いたり。
(全体の筋は全く憶えていないが、「私は馬鹿だから」と何度も
繰り返されたのだけは妙に記憶にあります)
そんなことが、あの日の場内の熱気とともに思い出されるのも
「1月15日」という日だったからか、そして何もかもが移ろい
ゆくからか、などなど、寒さに身をすくめながら一人
我が齢を数えている 「やすみの日」。




nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新年早や一週を過ぎんとして

平成30年が明けています。
今年もいろいろな人の助けを得ながら、「蘆花浅水荘」を
いろいろな人にそれぞれのお立場で味わってもらおう、
それには先ず我健康でなくっちゃと。
去年と同じく、今年の新年も三河にて迎え、孫ちゃんの
成長に目を細めながら、地の神社に家内とお参りしたり、
お雑煮を味わったりして、2日に一人でこちらに戻りました。
その分、身辺整理が遅れ、ようやく昨日あたりで落ち着いて
来ました。
今年は最近には珍しく、寒い正月です。
座敷にある仏間に参るにも、コートを羽織り、ネックウオーマーを
して往来します。
寒い座敷にに一人坐すと一層身も引き締まります。
その心もて、過ごしていきましょう。
今年もよろしくお願いいたします。

   畳擦る 跫音も淑気 満ちにけり   星眠

そう言えば、作者は十余年前、当所に吟行で立ち寄っておられますね。


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

平成29年ドンヅマリ

12月30日です。
今年も後1日半余り。
しめ飾りを飾り終えました、といっても6カ所だけ。
トソの用意も出来ました。(後は年始に酌むだけ)
今年の守り札を近所のお宮さんに納めました。

昨日、淡路島旅行からの帰路、立ち寄ってくれ、
賑やかに夕食を共にしてくれた、次女夫婦と孫ちゃんたちを
門前に送り、見上げる空は久しぶりに真っ青。
家のうちに立ち戻ってカレンダーを掛け替えます。
今年も先ず平穏に過ぎゆくことをあらためて有難く
思いながら。

  返らざる 月日たたみて 古暦   登美子


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

本年の部終了

クリスマスの日の昨日、今年の最後のお客さん8名を
ご案内。
湖北長浜市に本拠を置いて働く人たちの集まりとか。
寒い日で、ときには霙も舞ってきましたが、「長浜じゃ、
こんなの寒いうちに入りません」と皆さんとても
お元気。
寒い中、庭に下りてもらうのはどうかな、と逡巡する私をしり目に
最後のコース、もとの琵琶湖岸のところへも皆さんさっさっと。
今年の案内の〆にふさわしい前向きの姿を残して
次の予定地 三井寺に向かわれました。
私の本年の案内の仕事はこれにて終了。
今年も1000人近くの人たちが訪れていただきました。
年々歳々、基本的には同じようなことを話しているのですが、
グループグループ、個人、個人で当然個性あり、
退屈せずに日々を過ごせていることを感謝するばかりです。

  生かされて ゐて面白や 温め酒     速
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今シーズンも冬至をこえて

12月の初旬から何やかやと小さいことも含め
続きました。
大したことのようでなくとも、何か予定が入ると
それへの対応が従います。
日常の些事こそ大事にしなければなりませんね。
ようやく今日23日は朝から夜まで、何も予定の
無い日でした。
とりあえず、朝はしばらく床の中でぼーっとします。
天気はよさそう。天井を眺めながら年末の買い物予定を
思い浮かべます。
その前に洗濯や掃除がありますね。
今年役が回っている仏教会の会計のまとめもあるな。
年賀状を書かなくなったのはこの齢と能力を考えれば
正解か・・・
西武へ買い物に出て、遅い昼食をとって戻れば
もう周りはくれやすく。
日が伸び始めた1日目がそそくさと過ぎます。
明日も朝はゆっくりできるぞ。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春挙の絵に会う

この齢ともなると、年末はだんだん暇に成りゆくのですが・・
近年には珍しい寒い冬、お客さんの足が途絶えません。
これは一方では有難いことですが、秋の終わりに引いた
風邪が治りそうになると、来客があり、暖かいリビングと
サムイ座敷を行き来していると、その風邪をひき戻し、
の繰り返しでここまで来ています。
拝観の合間に、忘年会などがあり、そこへ昨日は
写真撮影のロケハンと春挙の絵の鑑定依頼でした。
鑑定依頼は久しぶり。ただ絵を見ているだけだから
物理的エネルギーはほとんど発生しないのですが・・
ホンモノと判定して鑑定書を発行すれば、何がしかの
対価は頂きますし、何より、大げさに言えば未来永劫に
判者としての私の名前も絵とともに残っていきます。
ええ加減にはできません。
依頼があってから、実物を見るまで、そして見ている
最中も緊張感に支配されます。
今回の依頼は京都の画廊のご主人からでした。
風呂敷包みを抱えて来訪されました。
包みを解きながら「京都の老舗料亭からのお預かりものです」
出どころはいいな、少し緊張がゆるみます。
付け加えて「3点揃っていて、もう2点には先代(私の父)さんの
箱書きがありますが後1点だけ、箱を替えられたようで、それがありません、
春挙さん健在の時は月に2,3度は通っておられたようで、
直接描いてもらったものと伝わっているようです」
別の絵の箱書きを提示されます。紛れもなく見慣れた父のもの、
箱書きにも偽書のある世界で、油断はできませんが、
状況証拠も含めてかなりホンモノと見立てられます。
座敷の床の間にその掛け軸を掛けてじっくり見てみます。
ここに掛けて眺めると、春挙の手でないものは、位い負けしてしまう
ことを、私もたびたび経験しています。
小品ですがノビヤカ・・・細部もしっかり。
ここまで来るとかなり落ち着きと確信をもって、鑑定書を
発行します。
バタバタした私の日常を逆に少し落ち着かせてくれた
「梅の図」でした。
ご主人をお送りして、含んだ酒はまた一味ちがったものでした。

   熱燗や 難しきこと 何もなし    英太郎

これこれ、という祖父と父の声・・・・・

 


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の冬はことのほか寒い

昔(と言っても私たちの若いころ・・と言っても6,70年前)は
冬はやはりこんな寒さだったのでしょうね。
12月の中ごろにはもう雪が積もっていたような記憶が
あります。
そお・・・51年前の12月14日=母の亡くなった日京大病院から
見えた北山には雪に縁どられた「左大文字」があったのを
まざまざと思い出しますものね。
とくにこの数年は暖冬と言って何だかきりっとしない
冬でした。
齢とって抵抗力はかなり落ちていますが、やはり冬は
こうでなくちゃ、と思いながらも往時に比べて暖房器具も
豊富になり、風呂場まわりや、寝室も簡単に暖かくできるように
なっており(家内や娘たちの心遣いを有難く思いながら)、
気分にもユトリをもちながらこの年も新年や更なる厳冬に
向かっていこうと思える「寒い」年の瀬であります。




nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダスキン少年登場

一昨日の朝のことです。
インターフォンがピンポンとなります。
何だろう今頃、今日はお客さんの予定はないけれど・・
門に出ると、紅顔の少年が気を付け をしています。
「ダスキンの新入社員です」
はて、以前定期的に掃除用具の貸し出しを受けたり、
庭の芝生の養生をお願いしたりしたことがあるが、
どちらも断ったな、・・また注文とりかなと首を傾げて
いると、「新入社員教育の一つとして、このあたりのお宅の
トイレ掃除をさせていただいています。勿論無料です」
いきなりの申し出に流石の私も一瞬とまどいましたが、
昔、山科の一燈園が教育の一つとしてやっているという
話しを聞いたことがあるな、それにこの少年、人相と態度が
よいな、ダスキンも知らぬ名でなしと思わず「どうぞどうぞ」。
客便所の方をお願いしました。
一生懸命やってくれたようです。しばらくして汗を少し
カキながら「ありがとうございました」 お礼を言うのは
こちらの方です。
インターネトで調べてみると、ダスキンの創業者の方が、若いころから
一燈園で修業されていたとか。
こちらの心まで洗ってもらったような清々しい気分になりながらナルホドと
(自分はとてもできないなあ)納得したことでした。

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -