So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今年の冬はことのほか寒い

昔(と言っても私たちの若いころ・・と言っても6,70年前)は
冬はやはりこんな寒さだったのでしょうね。
12月の中ごろにはもう雪が積もっていたような記憶が
あります。
そお・・・51年前の12月14日=母の亡くなった日京大病院から
見えた北山には雪に縁どられた「左大文字」があったのを
まざまざと思い出しますものね。
とくにこの数年は暖冬と言って何だかきりっとしない
冬でした。
齢とって抵抗力はかなり落ちていますが、やはり冬は
こうでなくちゃ、と思いながらも往時に比べて暖房器具も
豊富になり、風呂場まわりや、寝室も簡単に暖かくできるように
なっており(家内や娘たちの心遣いを有難く思いながら)、
気分にもユトリをもちながらこの年も新年や更なる厳冬に
向かっていこうと思える「寒い」年の瀬であります。




nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダスキン少年登場

一昨日の朝のことです。
インターフォンがピンポンとなります。
何だろう今頃、今日はお客さんの予定はないけれど・・
門に出ると、紅顔の少年が気を付け をしています。
「ダスキンの新入社員です」
はて、以前定期的に掃除用具の貸し出しを受けたり、
庭の芝生の養生をお願いしたりしたことがあるが、
どちらも断ったな、・・また注文とりかなと首を傾げて
いると、「新入社員教育の一つとして、このあたりのお宅の
トイレ掃除をさせていただいています。勿論無料です」
いきなりの申し出に流石の私も一瞬とまどいましたが、
昔、山科の一燈園が教育の一つとしてやっているという
話しを聞いたことがあるな、それにこの少年、人相と態度が
よいな、ダスキンも知らぬ名でなしと思わず「どうぞどうぞ」。
客便所の方をお願いしました。
一生懸命やってくれたようです。しばらくして汗を少し
カキながら「ありがとうございました」 お礼を言うのは
こちらの方です。
インターネトで調べてみると、ダスキンの創業者の方が、若いころから
一燈園で修業されていたとか。
こちらの心まで洗ってもらったような清々しい気分になりながらナルホドと
(自分はとてもできないなあ)納得したことでした。

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

12月となりにけり

今年ももう12月となっています。
何だか忙しかった11月が行きまして。
10月から引き始めた風邪がなかなか治らず、そんな中で
公私に多忙が重なり、ちょっとしんどい秋でした。
そんな私には昨日は
  玉の如き 小春日和を 授かりし   たかし
というべき、暖かく穏やかな一日でした。
40人という当所にしては比較的大勢の来客がありましたが・・
引率は原田平作先生・・美術史の碩学で、昭和60年、滋賀県立美術館の
1周年を記念して開催された「春挙」展の図録の巻頭解説を書いて
いただいた方。
春挙のこと、当所のことをよく存じていただいているのは心強し。
E美術館の主催する美術に関する講座に集まられた熟年生徒さん
とても熱心に観ていただきました。
事務局の方も「40年前にここは伺いましたねえ」と懐かしそうに。
何よりこの季節にしてあたたかっだったのはお互いによかったですね。
皆さん、満足げに次なる「膳所焼美術館」に足取り軽く向かわれました。
ゆったりと蘆花浅水荘の今年の最後の月が始まりました。

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

今年も秋ゆかむとす

11月もほとんどあと1日。
「晩秋・ばんしゅう」と呟きながら家の周りを歩いてみると・・
日の光は雲にさえぎられ、それでも通り抜けてくるそれは、
何だか弱弱しく、「ばんしゅう」のやや心細いひびきにふさわしい。
誕生日とは別に、この一年の区切りを迎える準備をいやでも
せかされます。
門内、庭先の楓がようやく紅葉のペースを取り戻したか、つい先日まで
くすんでいたのが、鮮やかに変身しようとしていてそれはそれなりに
生の営みを感じさせるのですが。
冬から春、春から夏の移り変わりはまさに光溢れまさにそれだけで、
我々にちからを与えてくれるようです。
夏から秋へはクーリングダウンそのままにいつの間にやら
涼しくなり代わっています。
しかし、この秋から冬への変わりようは突然寂しさに満ちて
来るように思われます。
人生の秋から冬へと、戻らぬ「とき」を歩きながらふとそんな
感傷を覚える瞬間です。

   ゆく秋の あはれを誰に 語らまし   良寛

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブラックFriday実地体験

昨日は、朝先ず目の定期検査。
丁度1年前の白内障手術の事後の経過観察も兼ねています。
手術を担当していただいた先生の診断を4か月ごとに受けます。
「特に問題はないですね、順調です」との言葉に気をよくします。
午後は対岸のイオンモールへ、家内の運転で向かいます。
食料品と、冬向け衣料の購入です。
我が選球眼と家内のそれとは天地の違いがあります。
いずれも家内の言葉に素直に従います。
ところが、まずイオンの駐車場が平日の昼間というのに
異常な混雑。シャバの連休モドキの影響かな、などと話しながら
それでも割合いい場所に駐車してそれぞれの売り場に向かいます。
「Black Friday」の旗が目に入ります。
これか。 最近TVなどでさかんに耳にする言葉。
何でも、アメリカで最近話題になっている、年末商戦開始の日の
ことのようです。
勤労感謝の日の翌日を期して、こんな日々が始まるようです。
人びとが殺到するので、それをサバクため大量の警察官が
動員され、彼らからすればトンデモナイ日々となるため、
ブラックマンデーをもじってつぶやいたところから始まった
とか。
奇しくも日本でもイオングループが名付けて稼ごうとしている
ようなんですね。
我々はまさにそのときその場に飛び込んだという次第。
混雑に目を白黒させながらも、結構割安のお買いものを
して、無事帰路へ。
ちょっとはホワイトクリスマスを先取り出来ましたかな。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

忘年会シーズン開始

新聞が「比良初冠雪」を告げた昨日、今シーズン一番の冷えの中、
忘年会がありました。
この齢でまだこういう催しに呼ばれるのを有難いこと(まあ単なる
酒好きという方があたっているかな)と思いながら、出かけます。
初っ端は町内の長老会。
69歳から83歳まで8名ボタン鍋を囲みます。
店の人がビックリするようなスピードで、アルコール、肉などが
消えていきます。
集まった人はとても元気ですが、今年も一人の人が退会の
申し出。
時はゆっくりではありますが、確実に進んでいます。
年末まであと数回、参加出来ることを文字通り有難く思いながら
相つとめましょう。

  老いはいや 死ぬこともいや 年忘れ   風生
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しめやかに雨降る中

いろいろ、何やかやあった秋が最終盤に入っています。
いかにも秋雨・・という雨の中、昨日は着物の着付け教室。
「行事」という意味では今年最後です。
同好の人ばかりの集いなので、私は朝の戸開け、暖房の用意、
トイレットペーパのチェックなどすれば、後は構えているだけです。
静かに時が過ぎてゆきます。
台風がよく来たな、月見の会も5回(そのうち1回は
利き酒会兼)あったけれど、雨でお月さんの
見えない月見も2回。
写真撮影、記事取材、ロケハン、この前の土曜日は
毎年ここを使ってもらう「しなやかシニアの会」主催の尺八演奏会も
ありました。
結構いろんなことに使ってもらいました。

後は年内、ぽちぽちと拝観があり、そして忘年会が2,3度あって
今年もゴール間近。
いろいろの人に助けてもらいながら、いろいろなご縁を
いただきながら、過ぎつつあります。

   包み込む やうに秋雨 降りだしぬ    良一
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天気晴朗ならずも心晴朗なり

雨模様の中を、三河から我が友4名、夕方前到着。
わが家で小休止したあと、お隣の戒琳庵に向かいます。
今年も庵主さんのご指導の下、坐禅を組むことができました。
昨年は10分。
今年は・・・
「リンが一つ鳴ったら始めます。二つ鳴ったら終わりです」
簡単な説明の後、全員それぞれ坐禅に入ります。
「去年10分だったから、今年は20分ですかね」前日庵主さんには
そんなお願いをしてました。
自分の呼吸を数えながら、大体15分程度と思えるところまでは
少し時間の感覚はあったのですが、その辺から数えるのも面倒に
なってきます。
幸いにも足のシビレは来ていない。
何だか少し幸せのような感じがときどきやって来ます。
なかなかリンは鳴らないが、もう少しはもちそうだ・・・
と思う頃ようやく、リンが鳴りました。
他の連中もどうやら、やり遂げたらしい。
早速誰かが庵主さんに尋ねます。「これでどれ位ですか」
「35分です」
へー、意外と長くやれたなと全員思わずにっこり。
庵主さんは全員の姿勢や身体のユレを見ながら、限界を
図って頂いていたようです。
レベルはまだまだ低いですが、皆なそれなりに達成感を
味わっています。
場所を移しての「反省会」には庵主さんも加わって頂き
また一段座は賑わったことでした。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しぐれとは言えないが

11月になって初めて、今朝から雨が降ったりやんだり。
晩秋の雨は何となく寂し気。
気が付けば冬が立っています。
一日おきに、そして一日二組も含め、お客さん登場。
十一月は当所としてはわりあい来客多い月で、その対応に
追われているうちに、早や8日。
今朝も一組あり、そして、午後は三河から、会社時代の
同期生諸君4名、こちらに向かっています。
今年も去年に引き続き、隣の庵主さんのご指導で
坐禅研修。
去年の入門編に続き、今年は少し上編。
いかが相成りますか。
明日ちゃんと報告出来ることを願いつつ、
彼らの到着を待つ、雨中の昼下がり・・・
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11月は青空とともに

「11月」の声を聞いてようやく晴天が続いてます。
秋は、やはりこうでなくちゃ。
真っ青な空を当然とした「秋天」(シュウテン)の響きがいいですね。
しかも今年は10月が鬱陶しく(日記上で数えて見たら、秋晴れが
終日あったのは僅か4日・・しかも台風上陸、接近も結構あって)
ウンザリしてましたしね。
昔は「10月」をイコール爽やかと感じたと思い出します。
前回の東京オリンピックも10月10日抜けるような青空の下で
開会したのが鮮やかに思い出されます。
植木屋さんの鋏が入って軽やかな木々の枝々や、少年の五分刈りの
頭のような芝生を眺めるとスッキリ感いやまさります。
遅ればせながら、今年も文字通りの秋に突入。
折しも、この町では「膳所の町を歩こ」キャンペーンが始まり、
わが家もその対象に組み入れられ、元気な熟年を中心に
出入りが繰り広げられています。
白秋、真っ只中の私も背中を伸ばして迎えましょう。

    十一月 日がいっぱいに 始まれり   勝代


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -