So-net無料ブログ作成
検索選択

これまたひさびさの草引き

京の町にコンコンチキチンの音が響き合う頃、我が家の庭や
門内にはセミの合唱が轟き、草ぐさがその伸びにさらに
力を加えます。
少し気になりながら、思わぬ「痛風」の発症で、動きをそがれて
いた、草引きを朝からひさびさにしました。
(お気遣いいただいた方もあった、痛風の方は大事にいたらず、
痛みは完全に引いて、普通に歩けるようになりました。まだ少し
腫れは残っていますが)
昨日少し強めに降った夕立のお蔭で、土も湿り気を帯び、
草も割合引きやすい。
腰をかがめて引いていると草の陰に何やらゴソゴソ。
どうやらカラを破ったばかりのセミ(羽がまだ濡れてました)が
草を頼りに、木の幹を求めている様子。
幹に張り付いて懸命に鳴くセミは幼いころから見慣れているが
この段階を目の当たりにするのは生まれて初めて!
これも草引きの功徳か。
そのままセミの微動するにまかせて、我が仕事に専念し
一段落してひと休みしてあたりを見に行くともはやセミの
姿なし。羽が乾いて無事に飛んだかな、この庭のどこかの木で
残り少ない命を歌えよ・・・
思わぬ生の営みの一端にふれた、夏の朝でした。

   空蝉の 縋れる草は 引かず置く   沙織
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0