So-net無料ブログ作成

好日続く

春の長雨は聞いたことあるけど、春の長天気?は
聞いたことありません。
ここ数日絶好の日和が続きます。
何をするにも勿体ないような・・・
私は一昨日は、大学のテニスコートに向かい
若者たちの懸命にボールに立ち向かう姿に、
我が青春をダブラせ、
昨日は我が家の門内や、庭にはびこって来た雑草
との格闘をすることを選びました。
この好天のもと、いずれにも満足しました。
こうして身体を動かせることに感謝、感謝。

  うららかに きのふはとほき むかしかな   万太郎

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春のうららの琵琶湖畔

これだけいい日和が続くのはまさに今年初めて。
思わず浮かれて湖畔に出ます。
遥かの比良比叡もくっきり。
湖上にはツリ舟、ボートの練習、
湖畔ではジョギングする人、散歩する人、
子供ずれでゆっくり歩く人・・・それぞれの
休日を久々の好天の下で楽しんでいますね。
私も昨日今日とお客さんもなく、ぼーっと
静かな湖を眺めます。
ただ、門内には常緑落ち葉重なり、雑草が元気を
見せ始めました。
掃除・草引きにも好季節です。
ぼーっとばかりもしておられません。
こちらも本格的シーズンイン。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ムベは花盛り

この10日間、結構いろいろなお客さんが来られました。
会社の定年退職者友の会の会報に私と蘆花浅水荘のことを
載せてやろうと、編集委員お二人愛知からはるばる!来て下さいました。
入社年次も近い人たちだったので、往時を思い出しながら、話が弾みました。
続いては、春挙のルーツ、湖東の五個荘町の人々。
家のご案内もさることながら、春挙の生い立ち、父親のことなど
私の知る限りのことも交えての会話にまたひと味違った楽しいときを
過ごせました。
今日はうららかな春の日。
若いカップルの登場。お茶や陶器に興味をもち、そこから
膳所焼き→春挙に行きついたという男性、金工師(こんな字で
いいのかな)という女性。
こちらの説明に大変面白がって貰えました。
今年は玄関前のムベがとても勢いよく咲きながら、これらの
お客さんを迎えてくれてます。
秋には実を生らせてくれるかな。

   異人館 むべの花垣 高くして   節子
 
我が家の2階には、外からは全くそれと見えない洋室があり、
そこから窓越しにムベの棚が見え、今まさに花が皆さんの目に
飛び込みます。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっと感じた浪華の春

といっても、JR大阪駅前を10分ほど歩いただけですが。
いつも通っているハリにまた久しぶりに行ってきました。
ポカポカした陽気は久しぶりです。
淀川の鉄橋を渡るあたりはまさに浪華の春。
うららかに水が流れています。
家の近くにもハリ灸をやるところはあるのですが、
たまにナニワの空気を吸うのが何となく気分転換にも
なって、あえて大阪まで出かけます。
もう10年ですから、診療所の人も私の患部を熟知していて
くれ、それで先ず気分が休まります。
ちょっと楽な気分になって、ドーチカ(堂島の地下という意味のよう)
の雑踏を歩く、また楽しからずや。
いつもはちょっとした店に入るのですが、昨日は家内が残して行った
ワンちゃん一人(匹)でお留守番ということで、浪華の春を背にして
素直に帰宅したことでした。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あはれ花びらながれ

「今年はどこへも花見に行ってないね」出べその家内に
促され、比叡山の麓に出かけました。
もう盛りを過ぎた桜の花びらが折からの強い風に吹かれ、
人けまばらな、滋賀院というあまり目立たないけれど、
門跡寺院という由緒あるお寺に続く石畳を歩く老夫婦に
散りかかります。
今年も二人まあ元気で花見が出来たかとの感慨も覚えながら
花吹雪の下を進みます。

       甃(いし)のうへ
 あはれ花びらながれ をみなごに花びらながれ
 をみなごしめやかに語らひあゆみ
 うららかのあし音空にながれ
 おりふしに瞳をあげて
 翳りなきみ寺の春をすぎゆくなり
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 風鐸のすがたしづかなれば ひとりなる
 わが身の影をあゆまする 甃のうへ
 (受験時代に習った三好達治の詩の一節)

また、
 春にそむいて 散る花びらを
 背に受けゆこう ひとり旅
 流れる雲の そのまたはてに
 なにが待つのか この俺を
 (学生時代に口ずさんだ西郷輝彦のヒット曲)
 
 名詩とはやりうたの違いはあれど、私には
 青春の憂愁として心に残っています。
そして今年の桜花よさようなら。
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

桜花開けば

天候不順は世のならい!?
今週の始めから鬱陶しい日が続きます。
日曜日、膳所公園の満開!の花の下で開かれるはずだった
「さくら祭」も早々と中止。商店街の人の残念そうな姿だけが
ありました。
その後もお日様の顔はほとんど拝めないうちに、早や落花さかん。
おまけに寒さまで戻って来ました。そんなに別れを惜しんでくれんでも
ええから、さっさとどっかへ行ってんか、と言いたくなる昨日、今日。
これもときの経過の一こまなんでしょうが。

   花冷や 人影もなく 遊歩道    智椅子

湖岸の小景です。ブログもちょっぴり淋しい。 
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

都も桜、湖畔も桜

昨日は本当にうららかなよい日でした。
そんな中、京都のSクリニックに久々に出かけました。
坐骨神経痛がブリ返していて、この前ほどではないが、
ちょっとコタエル日々もあったのですが、少し暖かく
なったせいか、落ち着いてきました。
先生には本来の腕のシビレの方を診てもらいました。
神経痛にはヌリ薬を貰っただけでした。
往来の京阪電車の車窓からは、山科あたりの疏水の桜をはじめ
そこここに、もう咲き誇る桜花が飛び込んで来ます。
京都市役所の辺も何だかサクラ色。
 さまざまの こと思ひ出す さくらかな
 いにしえの 大宮人はいとまあれや さくらかざして きょうも遊びつ
 散る桜 残る桜も 散る桜
 願わくば 花の下にて 春死なん そのきさらぎの 望月のころ

遂には、サクラサクラ 弥生の空は 見渡すかぎり ♪
あちこちに桜を見つけるたび頭の中を句や歌や唱歌まで飛び交います。
神経痛がどこかへ行った楽しさを楽しみながら、家に帰ってくれば
湖畔の四高桜ももう満開・・・
 世の中は 三日見ぬ間の 桜かな
我が庭のまだ十歳になるかならぬかの一本の細桜も負けじ
とイッチョマエに咲きだしていました。
 春ランマン・・・
でも今日は風強く、雨のふり・・
花にアラシですね。 これもハ ル。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感