So-net無料ブログ作成
検索選択

スーパームーン見事に

今や恒例となった、町内の長老を集めての月見の宴。
運動会と連ちゃんで、少しシンドイかとも思いましたが、
結果的にダウンしたのは、齢下から二番目の私だけ。
平均年齢アラ75の皆さん(総勢7名)食べるは飲むは、
月を愛でるわ。
決めたときにはこんな大きな月とは思わなかったのですが、
見事に例の井筒に映ってくれました。

   十六夜や 又酒飲みの 言ひ草に  子規
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うんどうかい

膳所学区の運動会が昨日「運動会日和」の下行われ
無事終了しました。
町内として参画する行事の中でも大きな方です。
実は今年私は「体育委員」という役も務めています。
スポーツバザー」とこの運動会というかなり重い行事が
あって、あまりなり手がありません。
副会長という立場もあって、取りあえず、2人のうちの
1人を私が受け(といってもほとんど中身はわかりません)、
あとの1人は昨年と連チャンになるのですが、子供会、
学校PTA活動を通じて運動会の経験も豊富かつ動きの
早いH夫人に勤めていただき、昨日を迎えたという次第。
夜中の1時頃割合強い雨音がしてヒヤリとしましたが、
朝には上っていて、ちょうどよいスポーツ日和となりました。
午前6時半集会所に10名ばかり集合、テントや机・椅子
茣蓙などを会場の膳所小学校(我が母校です)に運び込む
ことからこの1日が始ります。
午前9時開会式。BGMはなつかしや、国体賛歌「若い力」
初めて国体に参加したのは昭和40年、もう50年も前のことか、
などとの感慨もふと浮かびます。
ほどよい天候の中、プログラム通り順調に進んで行きます。
適当に散りばめられた町対抗競技、我が町もご多分にもれず、
若年層が少ない中をH夫人が奔走して集めてくれた人々が
それなりに健闘してくれます。
我々応援専門も結構楽しい。
かくて、ケガ人も無く午後4時過ぎ閉会式を向かえました。
ほとんどH夫人にオンブにダッコだった山元体育委員も
イッチョ前に役を果たしたかのごとく、肩がサッと軽くなりました。
丁度今年は中秋の名月の日。
家に戻ってマゴちゃんと眺めた例の井筒に映る満月も格別
大きく見えました。

     明日ありと 信ずる一日 秋日和  天木
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シルバーウィーク進む

もともと、この頃は曜日の感覚が希薄になりがちな
ところへ、世間いわゆるシルバーウィーク
繋ぎ合わせると9連休まで重なるとか。
銀行の窓口業務や病院通いで世間の休日を
判別の一つの手段としている!私など、今日が
何日か判らなくなりかけ。
しかも、ここへきて好天秋晴れ続き。
気分もポカーっとしてますね。
少人数ではあるがお客さんが続いていること、当所の
大修理のときお世話になった人の古希祝いパーティ
などがあったことで、少しアクセントは保たれていますが。
邸内の蘆の花が咲く気配を見せて来たり、ススキの穂が
夕日を受けて輝いているのを見て季節の移り行くのを
確認したりしながら、我に帰りつつ深まる秋を実感している
私、今日も淡々と暮れゆきます。

    カーテンを 引きて呟く 秋の暮れ   耕一郎

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋進む

晴れた日やしとしと雨の降る日が交錯しながらも秋は
確実に深まっているようです。
日の暮れるのが早くなり、朝明けるのが遅くなってきたのが
平凡な日々の重なりの中にもはっきり判ります。
サルスベリの花とともに葉っぱも激しく落ちています。
赤トンボの数もメッキリ減りました。
学区の運動会も近づいてきました(私は今年は町内の
体育委員です)。
我が家での月見の会も日程に入って来ました。
日をまともに浴びて湖畔を歩いても頬を過ぎる風は
実に涼しい。
小さい秋がそこここに。

   長き夜の ところどころを 眠りけり   杏太郎
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

気候乱れてます

秋の初めというとまあ天候も晴れ模様が続いて
空気も落ち着いて、というのが我が国の定番だった
はずです。
暑い夏をくぐりぬけて、落ち着いた秋の気配を感じ取る
ところに詩が生まれる・・・筈が。
関東東北方面のあの雨の凄さ、怒り狂ったような河の
ふるまい。
昔、この時期よく出張で東北に出かけました。
車窓から眺める、色づき始めた紅葉をバックに
黄色くなりはじめた稲の穂が続くあたりは、まさに
落ち着いた、日本の原風景として今も眼の底に
ハッキリ残っているのですが・・・
一昨昨日、終日TVから流れる情景は全く別のもの。
人心、気候ともに激変の予感。
ただ、それを離れたところから、眺めて平気でメシを
食っている自分も何だかなあ、との思いなきにしも
あらず。
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

秋雨はれず

昨日は久々に青空に覆われ、朝の冷気も爽やかで、
やっと秋か、と思ったのも束の間、また今日はほとんど一日
小雨が降り続き鬱陶しい気分の内に過ぎました。
唯一の救いは月例の早朝の町内のゴミ回収が雨が降る前に
終わったこと位いでしょうか。
言葉を交したのもそこに集まった町内の顔見知りの人と
取りとめもなく話した時位い。
後は、することもなく、目が不自由になり歩くのもおぼつかなくなった
ワンちゃんの世話をしたり、本を読んだり、たまに思い出したように
柔軟体操やスクワットをしたり。
侘びしきひと日を過ぎゆくなりということでした。
これも無事なること有り難きかなと受け止めるのでしょうね。
こんな一日があるから、お客さんを迎えることの喜びもあるんだと。

    縁端の 濡れて侘びしや 秋の雨    太祇

昔の人も同じ感懐をもつことあったのでしょうね。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨とともに来りぬ

降るでもなく、上るでもなく空はずーっとドンヨリ。
爽やかな秋!とはとても言えませんね。
去年の今頃のブログを読み返すと、同じようなことを
書いてます。
錦織選手は全米1回戦負け、タイガースは恒例の息切れ
始り、まさにグズついてます。
せめて空くらいハッキリしてよ、と思わず言いたくなります。
8月半ばまでの陽の強さにはこれまたカンベンしてよと
言ってた同じ人間、勝手なものです。
随分、老体にもほどよい気候になっていることを、有り難く
思わなくっちゃ。
物事はできるだけよい方に思うのがストレス最小化の、
ひいては元気の素とは判っているつもりなんですがねえ。

    もの置かぬ 机上秋意の 肘つきて    朝子
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感