So-net無料ブログ作成

二月果て

今年はうるう年で2月は29日、1日長いのですが。
あまり関係ありませんね。
ここ数日、割合穏やかで、春だなあ、なんて思っていたのですが・・
今日は一日どす黒い雲が立ち込めその奥から強く弱く雨が落ちてきます。
温度もかなり低い。また冬の真ん中に逆戻りのような。
それでも、芝生のあちこちには、緑色のクサグサが芽生え、
庭の片隅の白梅は花を開き始め、紅梅のツボミはプクプクと
大きくなっています。
短い月だけど、TVドラマのロケを筆頭にいろんなことが
あったんだと、ブログをさかのぼりながら、少し感慨に
ふけります。

     流れゆく 時の速さよ 二月尽   清美子
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鳴門海峡春景色

我が家での初のロケが無事終わったという安ど感と
解放感をそのままに、家内が先に申し込んでおいた
ツアーのバスに大津駅から乗り込みました。
行く先は淡路島から徳島。
一泊二日の旅。
定員50人のバスは、大津で乗り込んだ時はパラパラでしたが、
京都駅で満員。
熟年女性のグループと我々のような熟年夫婦でほとんど占められて
います。
若いころの会社の職場の慰安会や、親しい仲間とのきまま旅行なら
バス乗った途端に「ハイ ビール」だったですが、頻尿の気のある
今は、水一杯飲むのも慎重にならざるをえません。
京都を出て最初の道中が2時間弱乗りっぱなしということで、
緊張しながら、無事に淡路島の入口まで来ました。
後は、少しずつ休憩しながら、メダマの一つ、太平洋を
見遥かす、ホテルに到着。
お客さんの大方はこういうツア団体旅行に慣れておられるようで、
添乗員さんの細かい指示に素直に従いながら、ゆったりしておられます。
私の気分も少しずつやわらかに。
バイキング料理に少しアルコール(何しろ家内が眼の前で監視で、
我が適量まで達せず)で1日目が終わります。
朝、長い水平線が窓越しに横たわり、そこから朝日が昇るのをそのまま
見ることができました。メダマのひとつ完了。
次は渦潮観潮です。
鳴門大橋の下の部分に歩きながら45M下の渦を見降ろすことのできる
歩道が作られているのですね。知りませんでした。
最早「春の日」を反射させながら白い泡が眼下にせまります。
メダマの二つ目もクリア。
日ごろの行いがよかった!?のか、何とか女房孝行は
果たせた感じ。
鳴門海峡を越え、淡路島の菜の花を遥かに眺めたりしながら、
京阪神を走りマルマル2日の老夫婦の旅は無事終了しました。

  菜の花や この身このまま 終わるべく   鷹女
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ケイトがうちにやって来た

NHK朝ドラ マッサンのヒロイン シャーロット ケイトさんが
昨日からTVドラマ「名探偵キャサリン」の撮影で我が家に
やって来ています。(今日まで)
共演の谷原章介さんも一緒です。
1か月ほど前、滋賀ロケーションオフィスという、滋賀県に
映画やTVの番組ロケを引っ張って来て、滋賀の活性化や
イメージアップを図ろうとしているところの仲立ちで
スタッフがロケハンに来られたことは記しました。
監督さんも下見に来られて気に入ってもらったようで、
今回当所としては初めてのドラマ登場となりました。
登場するのは「蘆花浅水荘」(の2室)なので、私も
スタッフの人たちと一緒に、戸を開け閉めしたり、電気の
具合を確かめたり裏方さんを「演じて」います。
部屋の中での撮影が主なので、役者さんを目近にみることも
かないません。
ただ、スタッフの熱気や動きの早さに感心しているうちに
時間はアッという間に過ぎて行きます。
いつも見るともなく見ている画面の裏にこんなに
大勢の人々が(今回も役者7人にスタッフ30余人)
それぞれ無駄なく仕事をこなしているんだというのを
目のあたりにして、いささか感動しています。
皆さんが全員礼儀正しく丁寧なのもいいですね。
「蘆花浅水荘」での場面はせいぜい数分でしょうが、
どんな画面になるのか楽しみです。
放映日時が決まれば私もここで「番宣」しましょう。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春は静かに近づいているような

もう2月も旬日を残すのみ。
往年の名スプリンター塩尻裕子さんとの1年ぶりの再会という
私にとってのビッグイベントもちりばめながら時は春へと
静かに進んでいます。
その出会いの楽しさの余韻にひたりながら、久々のお客さん
(熟年女性13名プラス男性1名)を案内したり、隣の庵主さん
姉妹に招んで貰ったりしているところへ、家内が岡崎から
やって来てくれました。
こちらは1か月ぶり。
ワンちゃんがいないのはやはりちょっとサミシイけれど。
この広い家で一人夕飯を作って食べることを思えば。
孫チャンに振り回されて大変だったグチ話を聞くのも
それなりに楽しからずや。
2人ともたくまざるボケ役となって、かみ合うのか、
かみ合わないのかようわからん会話をしばらく
続けましょう。

    雑草の 命の色や 春立てり  芳子
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっとホッ

1月の中旬に人間ドックを受けたことは記しました。
その結果が先日送られてきました。
胃カメラがその場でまあオーライの結果だったことも記しました。
目・耳が悪くなっているのは想定内として。
いささか心配だったのは、肝臓の数値と前立腺のPSA値。
何しろ我ながら昨年後半はよく飲んだので、どんなもんかいな
と思っていた肝臓の方も、ヒト様と比べれば、オイオイという
ところでしょうが、自分の中ではまあまあ許容範囲か、もうちょっと
控えれば当面なんとか元気で行けるだろうと楽観視。
(かかりつけの内科の先生に診て頂き指示を得るのは欠かせませんが)
問題は前立腺のPSA値。基準をオーバーし、ドックでの判定は
A・B・C・・・のE判定。専門医のところで精密検査を受けるようとの
コメントつき。
70歳過ぎれば前立腺ガンの可能性は特に男性は飛躍的に増大する
と聞いているし、現に近くにメスを入れた人もいるし・・・
ちょっとビビリながら、大津赤十字病院へ昨日行きました。
前立腺肥大の兆候は少し以前からあり、(オシッコが近いなど)
ここへは定期的に通っているので先生とも顔なじみ。
場所もいつものところで、少し落ち着いて診察室へ。
数値を見ながら、先生「今日はちょっとおなかの中を見ましょう」
やはりいつもと違うな、と思いながら傍らのベッドに横になり
エコーと触診を受けます。
こわごわ先生の説明をききます。
「今日診たところでは、前立腺肥大は明らかにありますが、ガンは
先ず大丈夫でしょう、3か月後にもう一度血液検査もして、経過を
見てみましょう」
ホッ、無罪放免とは行かないがとりあえず執行猶予か保護観察か・・
それでも何だか心軽くなって、診察室を出ました。
多病息災、あちこちにホコロビを持ちながら気は安く保ち
生きて行きましょう。
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

早春そうしゅんと呟いて

春が立ったとたんに「早春賦」の世界。
風は冷たく(・・・日が射せばそれはもうヌクイのですが)
湖を渡って来ます。
学生時代なら、テニスコートに出て、新しいシーズンへの
始動をはじめたものでしたが。
今は腕や指先がシビレてそれもままならず。
その代わり(でもないですが)月に1度の早朝からの
資源ゴミ回収を町内の皆さんと し終え、うっすらかいた
汗とともに庭に降り立ち、また元気に生え始めた雑草君
の姿に自然の巡りを感じていました。

   早春と いふ皺のなき 語感かな   健一

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

節分から立春へ

1月も早かったが短かかるべき2月も早い。
もう4日。豆まきもせず、恵方巻も食べぬ間に
立春です。
日が顔を出すともうほの暖かい。
湖畔へ出てみれば遅かった雪に覆われた比良が
あちらにようやく白い。
出足が遅くて心配していた竹の間の前の梅も
顔を近づけて見ると小さなツボミがこれから頑張るでーと
出始めてます。
お客さんのペースは相変わらず例年を上回り、飲み会の
ペースも同じ。
中国に行っている孫チャンたちも春節で一時帰国しているので
会いに行かなくっちゃ。
そして、この間ロケハンのあったTVドラマのヒトコマにも
採用されそうで、こちらの対応も出てきそう。
うれしい悲鳴が続きそうです。
琵琶湖はそ知らぬ顔で静かに佇まっています。

  さざなみは みな立春の 日のかけら   鉄夫
nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感