So-net無料ブログ作成

7月行く日の昼下がり

いま、7月31日15時過ぎ。
朝起きた時あれだけ激しく鳴いていたセミも
小休止(or大往生?何しろ短い寿命ですから)。
少し湖畔散歩したいのですが、玄関口から門の
ところまで歩くだけでもう汗・汗。
日が落ちるまで待ちましょう。
手持ち無沙汰でTVのチャンネルをあれこれ
回していると、高校野球の大阪予選決勝、
これがスコア12-0・・これもちょと辛いですね。
8月は、例年もお客さんはまあ当然というか、少ないのですが、
今年は幸か不幸か全くありません。
よく刈りこんでもらった庭の芝生を眺めてもらえないのは
残念ですが、私一人でこの景色を味わいながら英気を養い
秋に備えましょう。
それでもすみずみのちょっとしたところには草が伸びていたり
落ち葉がたまっていたりするんですよね。
まあボチボチと。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久々の快汗

今、7月も終わりかけの午前10時半。
ひと仕事!終え、珍しくよくかいた汗を乾かせ、
シャワーを浴び、気分よろし。
その汗の元も、庭への除草剤まきと、門前のピラカンサス刈り
というここのところ少し気にかかっていた、二つの事を
早朝から一気にやり終えたところにあるので、まさにカ・イ・カ・ン
普段の散歩だとせいぜいウッスラとしか 出てこない汗が、
ダラダラと出て来ると、新陳代謝やっとるわい、と一人
満足しています。
草引きや枝刈りは見た目のスッキリ感も加わって、さらに
満足感が増します。
視力が衰えたり、手指がシビレたりしてテニスやゴルフが
満足にできない今、もっともよい心身爽快法ですね。
やり終えると実感できるのですが、なかなかその気に
ならないのが、我ながらドーモというところですが。

   汗のほか 身にまとはざる 思ひかな  狩行

この今の思い忘れずに・・・・
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

爽快 束の間なれど

庭の草引きは我が家にとって、大きな「事業」です。
お客様が座敷に通って、座られた時、ガラス窓越し
に見える草のありようで、我が家のイメージ全体まで
左右されかねないからです。
3月から11月まで、シルバーさんに月2回ずつくらい
入って貰って「手抜き」をして貰います。
それで何とか見映えは保たれます。
しかし、この時期日当たりもよく、雨も適当な水分をもたらして
くれると、ちょっといけません。
雑草君わがもの顔に伸びてくれます。
緊急避難・・シルバーさんに機械で芝生もろとも刈って貰いましょう。
一昨日、丁度琵琶湖側の大津市所有地の草刈りに
入られるのに合わせて我が庭の芝草刈りも発注しました。
ヒトの散髪に例えれば、手抜きがハサミでチョキチョキなら、
機械によるのは電動バリカンで丸刈りという感じでしょうか。
根っこまで抜けないのは止むをえませんが、それはまた
秋口からの「手抜き」に任せるとして、しばらくの間、庭は
丸刈りにした爽快感にあふれます。
座敷の戸を開け放ってみたり、裸足で芝生に立って、その感触を
ジカに味わってみたり・・・
少年の日の、琵琶湖がすぐそこにあったときがさながらに
蘇る束の間。

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨明け宣言下

カッと日が照りつけ始めました。
セミの鳴き声が一段とヤカマシくなりました。
遥か比良の峰の上空に入道雲が立ちあがります。
暑いのは当然ですが、時折湖上を渡って吹き来る
風は乾いていて涼感たっぷり。
5月中頃から、途切れそうで途切れない感じで続いて
来た来客や行事も一昨日の一挙に60名という当所としては
許容人数一杯のお茶人さんの来訪で、一段落。
そちらの方の余裕が出れば、庭や門内外の草の伸びが
気になりますね。
ちょっと力の抜けた肩をさすりながら、ボチボチ行きましょう。
それでも気分は

   梅雨明けし 日の空の青 雲の白    玲子
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

疾風のようにやって来て、疾風のように行っちゃった

愛知県から家内と孫チャン(次女の娘)が一泊二日!でやって来ました。
次女は妊娠中ですが、少し体調を崩し、しばらく実家(岡崎市の我が家)
に身を寄せています。
保育園通いの孫チャンも一緒です。
面倒を見るために、家内は当分岡崎にハリツカねばなりません。
しばらく私はこちらで一人。たまには陣中見舞いに行かなくちゃ、
と思っているところへ、家内の方から「痛めている膝が気になるので
そちらでずっと診てもらっている整形外科に行きます」
との電話。
孫チャンとともにやって来ました。
次女はあまり動けないので、家内は治療を済ませばトンボ返りです。
70歳前にして母親役とばあちゃん役の二役はしんどいですね。
こちらでは、気分転換と休養をメインにするように(わずかな時間ですが)
とできるだけユックリしてもらったつもり。
妻の目から見れば歯がゆいところばかりですが、ダンナを叱りつけるのも
精神衛生的にはよかろうと甘んじます。
孫チャンも日ごろはパパさんとあまり出会えていないせいか、男の私に
「ジージ、遊ぼ」と寄って来ます。
敬遠されるよりはこれもいいな、とお相手。
また「転地療養」気分でどうぞ!と送りだしました。
このところ急に勢いを増した蝉しぐれもお見送りしてくれました。

   蟬しぐれ その只中にゐて ひとり   あゆみ
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンコンチキチンの聞こえる頃

今年も7月半ば近く、京都へ行けば祇園祭のお囃子が
耳に入ってくる頃となりました。
脊柱管狭窄から来る腕や指先のシビレを定期的に診て
もらっているクリニックに昨日行ってきました。
京都市役所の近くにあるので、地下鉄を降りると
もうお囃子がスピーカーから聞こえてきます。
地下街から地上に出るとそれはもうアツイ。
京の夏、なべ底の上 というやつですね。
今年は6月頃からお客さんが例年になく、(というか
ありがたく)次から次へと。
7月のこの暑さのなかでも出足は衰えません。
先日コマーシャルした、バイオリンコンサートも
成功裡に過ぎました。
今日から3日間はこのところにしては珍しく何も予定なし。
ちょっとした夏休みかな。
時間が決まった予定が続くのは嬉しいことではありますが、
この齢にすると拘束感も逆にあってそれだけで疲れるの
かも知れませんね。
何も予定なければきっとボケの道へスピードアップだろうと
思うとゼイタクな悩みであることは間違いないのですが。
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

真夏日続く

「アツイですねー」誰かと出会ったとき交す言葉は、これしかないんかいな
と思えるほどです。
この暑さのはるか彼方でお星さまたちはデートし、
京のまちにはコンコンチキチンの音が飛び交います。
若い頃はこの暑さが好きだったんですがねー。
昨日の血圧などの定期診断(月一度)、歩いて20分位い
のところ。思わずタクシーを呼んでしまいましたね。
帰りは、少し下りでもあり、診断結果もまずまずだったのに
気をよくして歩きましたけど。
今日もアツイアツイ。
庭の草の伸びが気になりますが、晴れた空を見上げると
庭に下りる気にもなりません。
熱中症になってはいかんと勝手に決めて、ほとんど1日中
室内で少し冷房を効かせ、週末に控える演奏会や拝観案内
に備えて体力温存(冷存?)につとめました。
こんな自分に確実な老化を感じながら・・・
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久々にボランティアさん登場

7月になりました。今年も後半です。
暑さも厳しくなってます。
そんな今朝、一人の成年が奥さんと子供さんと
一緒に当所を訪れました。
以前、旧知のSさんが「この家のようなところをいろいろな
ことに使えるのではと思っている人がいるよ」と案内して
来てくれました。
おまけに「私は草引きが得意だから庭の草引きもやりますよ」
と言って下さったのに甘えて今日の日となりました。
「最初だからまあ30分お願いしますか」とやっていただき
ましたが、言葉どおり私とは比べ物にならないスピード・できばえ。
暑い中ひと汗流して頂いた彼に、冷たいお茶を進めながら(私はビール)
こういう家をどう活用するかという話にも花が咲きました。
関東の出身でありながら、関西の古い町に魅かれて、膳所に
居を定められたというだけあって、なかなか面白い発想も
聞かせて貰いました。
行く末に少し展望も見える気もして暑さも吹っ飛んだ七月の初め
でした。

    七月の 碧落にほふ 日の出前   秋桜子
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感