So-net無料ブログ作成

子孫交歓

1877年生まれのようですから、春挙より6歳下。
ほとんど同時代を生きた絵描きさんの一人に、
木島櫻谷(このしまおうこく)という人がいます。
(詳しくは検索してみてください)
京都画壇にあって、とても素晴らしい画家だったのですが、
春挙と同じく!実力ほど評価は世間的にはされていません。
私も、お墓が春挙と同じ等持院にあること、当所を拝観
される方から、「等持院の近くにある櫻谷さんのアトリエが
80畳の広さがあってとても素晴らしい」とときどき聞いて
一度見てみたいものと思っていた以外はあまり詳しい
知識は正直ありません。
半月ほど前、突然電話がありました。「おうこくのひ孫の門田
と言います。櫻谷文庫を主宰しています。春挙さんの旧邸も
なかなか面白いと聞いたので一度訪問したい・・」
こちらももとより出会ってみたい、ということで先日ご夫婦
で来られました。
お互い、絵描きの裔(すえ)として、大きな荷物を持たされた
苦労に共感するところ大。
こちらは宗教法人、あちらは公益財団法人として将来への
サバイバルを目指しているところも同じよう。
先ずは邸内をご案内しながら、「文化の保存」が共通の
話題となりました。
初対面にも拘わらず「百年の知己」の如し。
そりゃ百年前にはお互いの曽祖父・祖父が京都画壇にあって
同じ芸術の道を歩いていたんですから・・・
違う意味で、芸術は長し を感じたひとときでした。
秋にはこちらが等持院の近くの「櫻谷文庫」を訪れる
番です。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ますます暑しセミの声

祇園祭も後の祭りに入りました。梅雨明け宣言がこの地方でも
発せられました。
朝5時頃目を覚ますと、ベッドの中からでも、耳を聾せん
ばかりのセミの声が耳の遠くなった私にも聞こえてきます。
若いころは最も好きな季節として迎えたこのころも
流石に70歳代半ばともなると、湖岸散歩にさえソロソロと玄関を
出ます。
湖岸に達するまでわずか5分足らず歩くだけで、汗がニジンで
きます。
今年は梅雨が明けても、暑さだけはそうかと感じられますが、
空気はまだじとっとしています。
いつもなら、琵琶湖の上、青空高く入道雲が立ち上がるのが、
空の半分くらいは薄暗く雲が覆っています。
TVは、日本海沿い山陰から東北まで豪雨が襲っていることを
伝えます。
この辺はそこまではありませんが、芝生を覆う草の勢いがそのまま
我が目を覆います。
これが今年の夏のサ・カ・リ・・・
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これまたひさびさの草引き

京の町にコンコンチキチンの音が響き合う頃、我が家の庭や
門内にはセミの合唱が轟き、草ぐさがその伸びにさらに
力を加えます。
少し気になりながら、思わぬ「痛風」の発症で、動きをそがれて
いた、草引きを朝からひさびさにしました。
(お気遣いいただいた方もあった、痛風の方は大事にいたらず、
痛みは完全に引いて、普通に歩けるようになりました。まだ少し
腫れは残っていますが)
昨日少し強めに降った夕立のお蔭で、土も湿り気を帯び、
草も割合引きやすい。
腰をかがめて引いていると草の陰に何やらゴソゴソ。
どうやらカラを破ったばかりのセミ(羽がまだ濡れてました)が
草を頼りに、木の幹を求めている様子。
幹に張り付いて懸命に鳴くセミは幼いころから見慣れているが
この段階を目の当たりにするのは生まれて初めて!
これも草引きの功徳か。
そのままセミの微動するにまかせて、我が仕事に専念し
一段落してひと休みしてあたりを見に行くともはやセミの
姿なし。羽が乾いて無事に飛んだかな、この庭のどこかの木で
残り少ない命を歌えよ・・・
思わぬ生の営みの一端にふれた、夏の朝でした。

   空蝉の 縋れる草は 引かず置く   沙織
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7月12日は春挙の命日

そして、私、生まれて初めて記恩堂でお経を唱えました。
庭の一角にある「記恩堂」はそもそも、春挙が自分の両親
と絵の師匠(森寛斎)の恩に報いる意味を込めて建立
したものであることは、いつかここにも記しました。
春挙はもとより生前、この建物と中の仏様を非常に
大事にしていましたが、父の晩年以後、特に私が面倒を
見るようになってからは、正直少し手入れもおろそかになっています。
最近ボランティアとして、春挙が営なんだ、この家全般に肩入れ
していただいている末富さん一家、かくてはならじと思い、
この「記恩堂」もキレイにしようと一週間前に知人の方も誘って
大(だい)掃除をしていただきました。
十年以上手の入っていなかった、仏前を見違えるようにキレイに
していただきました。
「春挙さんのご命日のお参りは是非、こちらでやりましょう」
末富夫人の強い意思に押されて、私も思わず肯いていました。
実はこちらのお堂には春挙は入っていないのですが、遺志は
漂っています。
皆さんのご協力を得て、堂内での私の初仕事は滞りなく終わりました。
本屋の仏間に戻り、あらためて、春挙の遺影と位牌に一礼。
慣れない動きの孫の姿に、シャレ好きの春挙、彼岸で
大笑していたことでしょう。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひさびさの墓参り

春挙の墓参りをひさびさに(今年初めて)して来ました。
正確には、この前からここに登場してくださった「蘆花浅水荘活性化
委員会」のメンバーに連れて貰っていただいたということです。
発足後も、精力的に活動を展開してくださる皆さん。
7月12日の春挙の命日を前に、「一度お墓の存在を確かめるとともに
お参りをしておこう」と有難いお言葉。
末富さんが運転してくださるということで、痛風中で足の動き不自由な
私も軽く墓前まで。
お花を供え線香を手向け、委員長の池内さんの先導で「般若心経」を唱え、
ちょっと小雨は来ましたが、かえって暑くもなく、好コンディションの
もとで「墓参り」は滞りなく終了しました。
私は、春挙の墓だけでなく、皆さんの厚意にただただ頭を垂れる
だけでありました。
春挙の遺徳と皆さんの想いに感謝・感謝・・・
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひさびさの痛風!

久しぶり・・などとおさまりかえっていい訳ではありません。
20年ぶりに我が左足親指のつけねに痛風のハシリが
とりつきました。
20年前のあのまさに風が吹いても痛いという感覚(今でも
その強烈さは憶えています)ほどではありませんが、左足首から
甲全体はムクミ、歩くときには左足はソッとおろしてもかなり
痛い。
この前でコリて、酒のツマミとして絶好の明太子・トリキモ・じゃこおろし
・数の子などなど(書き並べるだけでもヨダレが出て来そう)は極力控え、
血液検査の尿酸値も基準内にあることを一番に確認して
大丈夫とひとり念押しして20年間無事過ごしてきたのに
、数日前からよく憶えている症状が顔を見せています。
やはりアルコールに親しみすぎでしょうね。
原因はよくわかっています。
これぐらいのイエローカードで済んだことを奇貨として、
また少し真面目に節酒(禁酒まで行けないのが私らしい)に
取り組みましょう・・・これが今年の七夕の我が思いです。

  七夕や 此の頃夢も なく老いて   加津夫

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

負けは負けでも

半年が過ぎました、などとノンビリ回想にふけっていたら、
今日はもう4日。
梅雨の終わりを思わせるように、台風がやって来て、日本列島を
スウィープするように、九州~四国~紀伊半島を渡って行きます。
幸いにもこの地方は大きな影響もなく過ぎ去って行ってくれる
ようですが・・・
その間に、私の心に残る二つの勝負があり、勝負だから必ず
勝ち負けがあるのですが、あまりにも違う負けっぷりに・・
一つは東京都議選、後半の自民党(閣僚など)のあまりのヒドさに
これで、まだ自民党が勝つようだと世も末と思ったのですが(別に
自民党そのものが好きとか嫌いとかいう訳ではありません)
自民党は惨敗に追い込まれました。
ある意味当然と言えば当然に思えるのですが、そのあとが言い訳に
終始、一地方の結果とはいえ、かなりその結果に拘わったと思える
最高責任者は出てこない。
それに、引き換え、わずか14歳でこの数か月世間の耳目を集めた
将棋の藤井4段、惜しくも30連勝ならずでしたが、負けた際(負ける
数コマ前から)の態度のスガスガしさ。
私も私なりに若いころ「Good loser(よき敗者)たれ」という言葉は
技術と同様に教え込まれたものですが。 ただ感心。
(すぐ大事な商売道具であるラケットを叩き折る錦織選手も
是非習ってほしいですね。)
まだまだ書きたいことはありますが、今日は「これぐらいにしといたろ。」
とにかく

  七月の 湖面を渡る 比良の風    清風
 と さわやかに生きたきものです。
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感